地震、雷、火事、豪雨

 地震・雷・火事・親父といっても、昔ほど怖い父上は少なく、優しいお父さんが増えたいまでは子どもたちが聞いても首をかしげるかもしれない。世の中の怖いものを並べたことわざだが、親父が省かれる日もそう遠くはないだろうか。代わりはないのが一番なのだが、最近では「豪雨」という怖いものが増えている。ひと昔前までは夏の暑いときに夕立がくることがしょっちゅうあったが、最近では夕立という言葉ではおさまらないゲリラ豪雨、集中豪雨、さらには経験したことのない大雨が全国で起こっている。山口県や島根県では甚大な被害が出た。テレビのインタビューで高齢の住民が「水の怖さを知りました」と話していた。どれほどの雨が降ったのか、想像しただけで怖い。
 2年前の9月、日高地方でも大雨による日高川等の氾濫で甚大な被害を受け、多くの住民が水の恐ろしさを目の当たりにした。山口県の被害の様子を見ていると、どうしても日高川の氾濫が頭に思い浮かぶ。民家は基礎を残して流され、橋は崩れ落ち、道路がえぐり取られた。すさまじい勢いの濁流を見ているだけで足がすくんだのをいまでもはっきり覚えている。正直、大雨が降ると不安になって日高川の水位をチェックしては、「まだまだ大丈夫」と心を落ち着かせている。
 それにしても、雨の降り方は年々ひどくなっているように感じる。相手は自然であり、台風のようにあらかじめ進路が決まっているわけでもない。備えることすら簡単ではないが、中国地方の水害は対岸の火事ではなく、どこでも起こりうるとの認識は常に持っておきたい。津波避難だけでなく、水害を想定した逃げる訓練も必要になってくるだろう。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る