地震、雷、火事、豪雨

 地震・雷・火事・親父といっても、昔ほど怖い父上は少なく、優しいお父さんが増えたいまでは子どもたちが聞いても首をかしげるかもしれない。世の中の怖いものを並べたことわざだが、親父が省かれる日もそう遠くはないだろうか。代わりはないのが一番なのだが、最近では「豪雨」という怖いものが増えている。ひと昔前までは夏の暑いときに夕立がくることがしょっちゅうあったが、最近では夕立という言葉ではおさまらないゲリラ豪雨、集中豪雨、さらには経験したことのない大雨が全国で起こっている。山口県や島根県では甚大な被害が出た。テレビのインタビューで高齢の住民が「水の怖さを知りました」と話していた。どれほどの雨が降ったのか、想像しただけで怖い。
 2年前の9月、日高地方でも大雨による日高川等の氾濫で甚大な被害を受け、多くの住民が水の恐ろしさを目の当たりにした。山口県の被害の様子を見ていると、どうしても日高川の氾濫が頭に思い浮かぶ。民家は基礎を残して流され、橋は崩れ落ち、道路がえぐり取られた。すさまじい勢いの濁流を見ているだけで足がすくんだのをいまでもはっきり覚えている。正直、大雨が降ると不安になって日高川の水位をチェックしては、「まだまだ大丈夫」と心を落ち着かせている。
 それにしても、雨の降り方は年々ひどくなっているように感じる。相手は自然であり、台風のようにあらかじめ進路が決まっているわけでもない。備えることすら簡単ではないが、中国地方の水害は対岸の火事ではなく、どこでも起こりうるとの認識は常に持っておきたい。津波避難だけでなく、水害を想定した逃げる訓練も必要になってくるだろう。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る