99歳のメッセージ

 市文シネマ第3弾「一枚のハガキ」を鑑賞した。昨年100歳で他界した新藤兼人監督が99歳の時、「世界最高齢の現役映画監督」として制作した映画だ。
 主人公の水兵は、くじ運がよかったため100人中6人の生き残り組に入る。しかし帰った家に居場所はなく、いわば戦争に家族を奪われていた。亡き戦友から預かった一枚のハガキを手に彼の実家を訪ねると、妻がボロボロになりながらも1人たくましく生きていた。主人公は生き残った負い目を償うように、苦労して貯めた20万円の半分を戦友の妻に差し出す。しかし彼女は、「10万円で勘弁してもらおうとするのか。死んだ94人がそれで浮かばれるのか。100億でも1000億でも駄目だ。金じゃないんだ」と怒りをほとばしらせる。それは目の前の男ではなく、何かもっと大きなものにぶつけているようだった。
 特筆すべきは、随所にたたえられたユーモア感覚。悲惨極まりない一家の運命を描きながらも、「どんなにつらくても悲しくても、生きている者は生きていかねばならない」という人間の底力が、とぼけた笑いで見事に表現されている。何の衒いも気負いもなく人々の営みを温かく見つめる視点は、人生経験を重ねた監督ならではだろうか。100人の中で生き残った兵士は監督自身のことでもあるという。
 「一粒の麦をまこう」という、最後の復員兵の言葉は象徴的だ。「各人がそれぞれの天地で、やれるだけのことをやる」それが、生き残ったことへの彼なりの答えだった。逝去の前年にこのような映画を創った新藤監督は、それを自身で実行し、後進への道しるべを指し示してくれているようだ。作品の受け止め方は観る人次第だが、自分なりに見いだしたものを大事にしたい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る