いつまでもこの姿のままで

 日高川町寒川の山里の農村景観にマッチしている寒川家の住宅。かやぶき屋根のたたずまいとその景観を見ていると古い時代にタイムスリップしたかのようで、何とも言えない美しさを感じる。その姿に魅了され、カメラマンらにも大人気。写真に収めるカメラマンも多く、筆者も近隣の寒川神社の秋祭りなどで目にしたときはうっとりと見入ってしまう。かねがね、家の中を見てみたいと思っていた。
 そんな寒川家住宅の母屋など7棟を、国の登録有形文化財にするよう国の文化審議会が19日、下村博文文部科学大臣に答申した。江戸時代末に建てられたそのままのたたずまいを残す母屋をはじめ、屋敷構えは再現が困難で歴史的価値が高く、農村景観にマッチしている点などが評価された。
 この記事の取材で寒川家を訪れ、念願がかなった。住宅の中で、住人の寒川歳子さんが母屋の間取りなど説明してくれ、そのあと答申対象の風格ある表門、落ち着いたたたずまいの離れ、白い壁の美しい土蔵など各棟も案内。石垣には家紋の梅をかたどった部分があることや土蔵はかつてシイタケの保存場所として利用していたことなど事細かに教えてくれた。答申に際し、「とてもうれしくありがたく思います。ただの住まいで冬は寒いですが、この季節はとても涼しい住居。今回の登録であらためて大事にしていきたいという思いです」というコメントをもらったが、本当に涼しい。驚きのあまり、「こんなに風通しがよく、この暑い季節にこんなに快適に過ごせる家があるのですね」と思わず、歳子さんに言ってしまった。とても貴重な日高地方の文化財。いつまでも昔ながらのこのままの姿で、存続していってほしいとあらためて思う。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る