いつまでもこの姿のままで

 日高川町寒川の山里の農村景観にマッチしている寒川家の住宅。かやぶき屋根のたたずまいとその景観を見ていると古い時代にタイムスリップしたかのようで、何とも言えない美しさを感じる。その姿に魅了され、カメラマンらにも大人気。写真に収めるカメラマンも多く、筆者も近隣の寒川神社の秋祭りなどで目にしたときはうっとりと見入ってしまう。かねがね、家の中を見てみたいと思っていた。
 そんな寒川家住宅の母屋など7棟を、国の登録有形文化財にするよう国の文化審議会が19日、下村博文文部科学大臣に答申した。江戸時代末に建てられたそのままのたたずまいを残す母屋をはじめ、屋敷構えは再現が困難で歴史的価値が高く、農村景観にマッチしている点などが評価された。
 この記事の取材で寒川家を訪れ、念願がかなった。住宅の中で、住人の寒川歳子さんが母屋の間取りなど説明してくれ、そのあと答申対象の風格ある表門、落ち着いたたたずまいの離れ、白い壁の美しい土蔵など各棟も案内。石垣には家紋の梅をかたどった部分があることや土蔵はかつてシイタケの保存場所として利用していたことなど事細かに教えてくれた。答申に際し、「とてもうれしくありがたく思います。ただの住まいで冬は寒いですが、この季節はとても涼しい住居。今回の登録であらためて大事にしていきたいという思いです」というコメントをもらったが、本当に涼しい。驚きのあまり、「こんなに風通しがよく、この暑い季節にこんなに快適に過ごせる家があるのですね」と思わず、歳子さんに言ってしまった。とても貴重な日高地方の文化財。いつまでも昔ながらのこのままの姿で、存続していってほしいとあらためて思う。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る