ワンピースファンが県内でオフ会

 大人気漫画・アニメ「ワンピース」のファンがフェイスブック上で知り合って立ち上げたワンピースクラブのオフ会が去る13、14日に御坊市や由良町などで開かれ、全国から集まった会員17人が名物のせち焼きや白崎海岸などの名所を満喫した。同クラブ発足当時から会員の市内薗、バー中(ATARU)のオーナー中村直樹さん(40)が企画したオフ会で、ワンピースを架け橋に民間レベルでの誘客、地元PRに一役買ったといえそう。
 ワンピースは個性豊かな海賊たちが笑いあり、感動あり、涙ありの物語を展開。週刊少年ジャンプに連載されており、アニメや映画でも大人気となっている。中村さんはもともとワンピースの大ファンで、自身が経営するバーにもフィギュアや登場キャラクターの手配書など関連グッズがずらり。そんな中、2年前にフェイスブックで知り合ったファン仲間と一緒にワンピースクラブを立ち上げた。当初、会員は30人ぐらいだったが、ワンピース人気でいまは200人にまで増えた。
 オフ会はネット上で知り合った人たちが実際に出会う場で、ワンピースクラブのオフ会は年間を通して全国各地で定期的に開催しており、中村さんも参加。そうしているうちに「次は和歌山で開こう」ということになった。中村さんはこの機会に和歌山を知ってもらおうとオフ会の旅程を企画し、関東、東海、関西、九州の22歳から45歳までの男女が参加。紀三井寺で和歌山ラーメンを食べたあと、有田川町の明恵峡温泉でのんびり。さらに白崎海岸では白亜の石灰岩と青い海のコントラストが美しい夕景を楽しんだ。夕食は市内薗の串もん屋「魂」でせち焼きや串カツに舌鼓。このあと、ATARUでワンピース談義に花を咲かせ、登場キャラクターのコスプレなどの余興でも盛り上がった。参加者からは「とても楽しかった。また来たい」などの声が聞かれ、早速フェイスブックで紹介すると他の会員から「私も行けばよかった」などのコメントが寄せられたという。中村さんは「ワンピースの登場人物は仲間意識が強い。私たちのファンクラブもそういった絆を大切にしているからこそ、和歌山まで来てくれるのだと思う」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る