日高川の市木町長 報酬カットを諮問

 特別職の報酬削減を公約に掲げていた日高川町の市木久雄町長は12日、特別職報酬等審議会の委員6人を委嘱。任期中における町長、副町長、教育長の3役の報酬について10%程度減額してもらうよう諮問した。10%減額の場合、市木町長の年間報酬は1085万7000円から977万1300円となり、108万5700円の削減。3役全員の年間削減額は277万6290円。今後、審議会での審議、答申を経て、9月議会に報酬減額に関する議案上程を目指す。
 審議会のメンバーは会長の水野浩行さん(和佐)、職務代理の長岡均さん(千津川)、委員の鳥居稔さん(平川)、赤松義行さん(原日浦)、竿本みき代さん(熊野川)、竹内みえ子さん(三十木)。この日の審議会では、市木町長が一人一人に委嘱状を手渡し、「昨今の経済状況をみるとき、暫定的に給料月額の引き下げを行うべきではないかと考え、任期中10%程度の減額を審議していただきたい」との内容で諮問。「私が公約に掲げたことですので、任期期間中と限定してくれればうれしい。適切かつ妥当な答申をお願いいたします」とあいさつした。このあと、委員は執行部から諮問事項の内容や特別職の報酬額、削減した場合の試算などの説明を受けた。次回の審議会は今月26日。市木町長は、報酬の削減分を財源に子育て支援など各種公約実現、施策の充実に充てたい考え。
 日高川町の町長、副町長、教育長の給料月額は平成17年5月1日の町村合併の際に決まった額。町長は年間報酬が1085万7000円で、内訳は給料が840万円、期末手当(役職加算を含む)が245万7000円。ほか2役の年間報酬は副町長が884万700円、教育長が806万5200円。10%の削減では、副町長は年間報酬が795万6630円となり、88万4070円の減額、教育長は725万8680円で80万6520円の減額となる。
 日高川町のように公約で掲げて首長が報酬をカットしているのは、日高地方では美浜町と印南町で、いずれも10%の削減となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る