印南SA 国体前にリニューアルへ

 日高郡町村会(会長・畑中雅央由良町長)の定例会が10日に振興局で開かれ、高速印南SAを運営する日高観光物産センター㈱の社長を務める小谷芳正みなべ町長から、同SA上り線施設のリニューアルで報告があった。既設の施設は売店と食堂が一体となっているが、平成27年の紀の国わかやま国体での利用客増を見込んで、レストランを別棟で新設する。
 印南SA上り線施設は、平成17年7月に完成。売店や食堂、自動販売機があり、1年間通して多くの利用客が訪れ、運営収支は黒字となっている。小谷町長は「平成27年の国体ではさらに利用客が増えると予想されている。いまの売店と食堂が一体となった施設では手狭で、ごった返す。別棟でレストランを建設しようと計画している。上り施設は国体の年にオープン10周年の節目の年を迎える」と説明した。詳細は未定だが、レストランの建築面積は175平方㍍の規模を予定。近く建設用地を所有している西日本高速道路㈱と独立行政法人債務返済機構に交渉していく。完成時期については国体が催される27年のゴールデンウイーク前を目指す。
 町村会に出席した各首長は日高観光物産センターの株主となっていることから、今回の定例会の場で小谷町長が報告することになった。日裏勝己印南町長からは「地元農業者がSAの売店に農産物を出品しやすいようにしてほしい。現行では手数料が高く、農業者にとって苦しい」との要望もあった。定例会では県危機管理監の木村雅人氏から県の防災対策で説明も受けた。県議会の花田健吉副議長、冨安民浩県議に、この日まとめた県への各種要望も説明した。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る