土用の丑はウナギより梅干し

 去る8日、近畿地方も梅雨が明けた。じめじめとしたうっとうしい雨空は解消されたが、その後は強烈な暑さ。県内の各所でも連日30度を越える真夏日が続いている。保育園や小学校などではプール開きが行われ、海水浴場もにぎわい始めた。地方気象台によると、ことしの夏は平年よりも気温が高くなりそうだという。しかし、これだけ暑い日が続くと怖いのが熱中症。すでに全国的には死者が発生し、日高地方でも梅雨明けから数人が救急車で運ばれている。
 梅の業界関係者によると、「夏が暑ければ暑いほど梅の消費が伸びる」と昔から言われているという。その要因は、熱中症の予防、食品を腐りにくくする殺菌効果、夏バテ防止などに効能があると言われているためだ。特にこれからの時期は重宝し、まさに夏にぴったりの食材といえるだろう。加工業者にとっては、このうだるような暑さの中にも心地よさを感じられるのかもしれない。
 ところで、今月22日は土用の丑の日。この日にウナギを食べるという習慣が始まったのは江戸時代に遡り、蘭学者である平賀源内が知人の繁盛しないウナギ屋を盛り立てるために、「本日、土用の丑の日」と書いて店先に張り紙をしたところ繁盛をしたそうだ。以来、全国的にウナギを食べることが定着。滋養強壮効果がある食材でもあり、夏バテ防止の意味合いも含まれているという。
 しかし、ことしはそのウナギが昨年に続いて高騰、小売店などでは高い価格が付けられている。ことしはウナギの代わりに、経済的に安価で機能性もウナギに劣らない梅干しを食べてみてはどうだろう。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る