日高川の寒川家 国の登録文化財に

 国の文化審議会(宮田亮平会長)は19日、日高川町寒川にある寒川家住宅の母屋など7件を国の登録有形文化財にするよう下村博文文部科学大臣に答申した。かやぶき屋根で江戸時代末の建設そのままのたたずまいを残す母屋をはじめとする屋敷構えは、再現が困難で歴史的価値が高く、山里の農村景観にマッチしている点などが評価された。認められれば、日高地方ではみなべ町の大江家住宅母屋に次いで2件目になる。
 登録有形文化財は、国宝や重要文化財とは違い、外観を残せば内部の改修を行ってもよい保護制度。登録物件は明治以降に建造、製作されたものが中心だが、江戸時代のものも対象。この日、同審議会文化財文科会の審議、議決を経て、全国で173件が答申された。県内では寒川家住宅7件と、和歌山市の県庁舎本館1棟の合わせて2カ所8件。登録されれば県内の有形文化財は62カ所、168件となる。
 寒川家は、寒川 子さん(63)の住居で、所有者は長男の将行さん(37)。住宅のうち、答申されたのは嘉永3年(1850年)ごろ建築の母屋ほか、明治中期の土蔵、大正前期の離れ、後期の小門、昭和前期の石垣、同12年の表門と塀。母屋は、1155平方㍍ある敷地中央に位置し、大きなかやぶき屋根が特徴。建築面積は152平方㍍。床上部分は4つの部屋に仕切られているが、部屋の境が食い違っている珍しい間取り。建築から改変カ所も少なく、江戸時代の大規模農家の姿をそのままに残しており、特に現在まで維持しているかやぶき屋根は貴重とされる。ほか、母屋西側にある落ち着いたたたずまいの離れ、風格がある表門、梅の家紋をかたどった石垣、正面から白い壁を望むことができる土蔵など江戸末期から昭和初期にかけて整えられた屋敷構え全体が周辺の農村景観にマッチしている。 子さんは「とてもうれしくありがたく思います。冬は寒いですが、この季節はとても涼しい住居。今回の登録であらためて大事にしていきたいという思いです」と話している。
 寒川家は、6代目が鎌倉幕府からこの土地の地頭職(地頭としての職務・地位)を任じられ、関東から移り住んだとされる旧家。近隣の寒川神社の社家を代々務めている。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る