心も輝く脳トレーニング

 本年度第1回市民教養講座の講師は「脳トレブーム」の火付け役、東北大学教授の川島隆太氏。昔のことは覚えていても先週のことが思い出せないと悩んでいる筆者には、大変興味深い講演であった。
 まず加齢を否定的に捉えないという視点が嬉しい。80歳の人が85歳になるのは5歳分老いたのではなく、5年分の経験を重ねたと考える。何歳だろうと使い方次第で脳は成長可能と近年分かったそうだ。今後必要なのはアンチエイジングではなく、賢く年をとるスマートエイジング。日本語名を「華麗なる加齢」と提案して「カレーのようだ」と没になったなど楽しい話術で語ってくれた。
 賢く年をとるためには①脳を使う②体を動かす③バランスのとれた栄養④人とかかわること。脳を使うといっても難しいことではなく「読み書き計算」。文章を音読する、自分の手で書き写す、2+3など簡単な計算を解く。脳の中のある部分は、パソコンや携帯電話の操作などでは働かず、手で文字を書く行為で働く。使うことでのみ鍛えられるのは、体も脳も同じだ。
 認知症患者がこの脳トレで改善した例も紹介された。毎日少しずつ続けることで脳に「基礎体力」が備わり、それをベースにもっと高度なコミュニケーション力の回復を促す。肝心なのは確実に満点をとれる問題を渡すこと。決してプライドを傷つけないよう配慮する。事前に状態を把握し、個々に応じた問題を用意するため4000パターンもの問題が必要になる。そんなきめ細かな人間観察のお陰で成果は出たのだろう。
 脳も他の器官と同じく生きるための大事な道具。錆びつかせず磨くことでうまく機能し、使いこなせば持ち主の心も輝く。それこそがトレーニングの目的だ。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る