雨の日は余裕をもって

 先日の大雨の際、日高地方でも数カ所で浸水が発生した。筆者も国道42号を走行していると数メートル浸水し、片側通行規制している場所があった。規制で待っている間、もう片方を走行する車を見ていたが、ゆっくり慎重に進む車もあれば、10㌢近く水がたまっているにもかかわらず豪快な水しぶきを上げながら走る車も。しぶきは反対車線の車のフロントガラスにまでかかり、規制されて停車していなければ視界不良となり危険だ。また走行している車自体、スピードを出すことで水を巻き込んでエンジン内に入ってしまうリスクもある。
 ことしは空梅雨といわれているが、すでに何度かあるように突然の大雨、いわゆるゲリラ豪雨には警戒が必要だ。特に運転中は豪雨で視界が悪くなるほか、雨音が大きく他の車やバイクの接近を音で気付けなくなる。さらに先日高速道路を走行中、急な大雨になりある程度速度を落として走ってはいたのだが、カーブの途中にあった水たまりの上を通った際に水の抵抗でハンドルが一瞬とられ、冷や汗をかいた。教習所で習った「ハイドロプレーニング現象」のようなものなのだろう。
 雨天時の時間当たりの事故件数は晴天時と比較し約5倍高くなっており、さらに雨天時の夜間ではより視界が悪くなるため約7倍にもなるという。対策としてタイヤやワイパーを交換するなどのメンテナンス。また雨天時はどうしても車の動きが鈍くなり、いつもより時間がかかってしまうため、結果的にあせってスピードを出したことが事故の原因になることも。普段より時間に余裕を持って行動することも効果的な対策の一つだ。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る