福島のフラガールが日高川町訪問

 東日本大震災で被災した福島県いわき市のレジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」のダンシングチーム「フラガール」のメンバー3人が3日、日高川町の中津小学校(玉置智一校長)を訪れた。全国学校キャラバン「フラガールきづなスクール」と名付けた出前授業の一環。フラガールたちは、フラダンスを披露するとともに、震災の体験や復興の様子など児童に話し、あきらめない気持ちや支え合う心、家族や友達の大切さを伝えた。
 キャラバンは、施設を運営する常盤興産の主催。「イムア(ハワイ語で前進)・未来へ~ネバーギブアップふくしま~」をテーマにことし4月から始め、全国各地で出前授業を行っている。中津小は8校目で、関西では2校目の開催。
 この日の授業には3・4年生児童39人が参加。石井美子さん、浜津奈苗さん、賀澤教子さんのフラガール3人がハワイの衣装「ムームー」姿で登場し、オリジナル曲「アイナ(ハワイ語でふるさと)ふくしま」、施設が舞台となった映画「フラガール」の主題歌に合わせて優雅なフラダンスを披露した。フランダンスの振り付けも指導し、児童らは腰を左右に振ったり、投げキッスのポーズに恥ずかしがって戸惑いながらも、一緒に踊って楽しんだ。
 フラガールは、震災で施設が被害を受け、営業中止の間も全国各地でフラダンスを上演。賀澤さんは「震災時、フラガールの友達が避難場所を与えてくれたことにとても感謝しています。何ごとも命があったからこそできる。夢をあきらめないで」、浜津さんは「スタッフら周りの人たちのおかげで踊ることができた。みんなで助け合えばどんな困難も乗り切れる。みんなも友達と手を取り合って頑張ってほしい」と呼びかけた。福島の子どもたちから全国の子どもたちに向けたビデオレターもあった。
 児童は頑張っていること、頑張れる理由をを発表し、代表の森圭佑君(4年)が「この中津地域もおととし9月に台風12号豪雨で大変な被害を受けました。今日のダンスからたくさんの勇気や、〝頑張ろう〟〝あきらめない〟という気持ちをもらいました。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. ドリブルからシュート!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る