印南町議選 無投票から選挙戦へ

 今月30日告示、8月4日投開票の印南町議選で2日、印南の新人で会社員の中島洋さん(51)が出馬を表明した。これによりすでに出馬を表明している現職11人、新人1人と合わせて13人となり、定数12に対し1人オーバー。無投票ムードが一転、選挙戦突入が確実となってきた。
 中島さんは南部高校を卒業。印南にある鉄工所に勤務している。また高校時代の野球経験などを生かし、地元の少年野球チーム印南黒潮の監督として延べ18年間子どもたちを指導している。出馬に向けては「町民目線で見たとき、いまの行政は前に進んでいないように見える。町民が行政に何を求めているかを確かめるためにも、選挙は必要」と決意。公約については「私自身、海に近い浜地区に住んでおり、子どもを預かる立場からも、津波などの防災に力を入れたい。また子どもたちに精神的な強さを身につけるような教育問題にも取り組みたい」と話している。
 中島さんのほか出馬を表明しているのは、現職で藤本良昭(70)=古井・6期=、堀口晴生(61)=印南・4期=、榎本一平(54)=西ノ地・3期=、廣野英幸(60)=印南原・2期=、西山徹(53)=宮ノ前・2期=、岡本庄三(57)=山口・1期=、藤薮利広(52)=印南・1期=、杉谷考祥(67)=羽六・1期=、井上孝夫(56)=印南原・1期=、玉置克彦(54)=西ノ地・1期=、村上誠八(65)=島田・1期=の11人。新人で自動車整備業前田憲男さん(51)=上洞=の1人。先月28日の立候補予定者説明会では出席が12陣営で、一時無投票ムードが漂ったが、一転選挙戦突入モードとなった。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る