看護師不足に歯止めを

 「辛い入院生活と将来への不安でなかばうつ状態になっていましたが、主任看護師さんがわたしの手をそっとにぎって励ましてくれました。人の温かさにふれ、少しずつ元気を取り戻し、ケガもよくなっていきました」。御坊保健所らが募集していた「看護師さんありがとうメッセージ」の最優秀に選ばれた女性の体験談である。女性いわく、「手当てという言葉の意味をあらためて知りました」と。患者を思う慈愛に満ちた心は必ず相手に伝わる。緊張の連続であろう命の最前線、仕事は激務だろうが、これほどやりがいのある仕事もなかなかない。病気やケガで不安な患者の心に寄り添いながら仕事をこなす看護師さんには頭が下がる。
 そんな白衣の天使も、全国で約4万人足りていないといわれている。ただ、国家資格に合格している看護師は年間4万人以上。さらに資格を持っていながら働いていない人はおよそ50万人。それでも不足するのは離職率が高いから。男性看護師が増えてきたといっても圧倒的に女性が多く、妊娠・出産で離れざるを得ない、仕事のハードさと給料が見合わないなど理由はさまざま。同じ資格を持つなら、少しでも条件のいい職場に移るのも当然で、病院間に人数の格差が生まれているのも現実のようだ。
 日高地方でも看護師不足は深刻で、病棟の一部閉鎖を余儀なくされた病院もある。来年4月に開校する日高看護専門学校に期待するのはもちろんだが、給料や勤務態勢の見直しなど、離職を減らす手立てなくして本当の解決はない。住民の命にかかわる問題だけに、行政を含めた地域全体での取り組みが必要だろう。患者を癒やす手当てがなくならないために。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る