日本と国民を守るために

 陸上自衛隊和歌山駐屯地の隊員2人が、陸自で最も過酷といわれるレンジャー訓練に参加し、ともに最後まで残った。肉体と精神を極限まで追い込み、食糧も水もない戦地で戦い、生きるための強さを身につける。キューブリックの『フルメタル・ジャケット』の海兵隊訓練所を思い出したが、2人も「まさにそんな感じでした」と話していた。
 参院選は最大の焦点である衆参のねじれ解消が確実。集団的自衛権については、現在、憲法9条に絡んで政府の憲法解釈が「権利はあるが行使できない」となっているが、自民党は「政府において集団的自衛権を含む必要最小限度の自衛権行使を明確化し、そのうえで国家安全保障基本法を制定する」という。目の前に軍事的脅威を突きつけられているいま、集団的自衛権の行使なくして国防はありえない。
 反日の中国と韓国はもちろん、このところ妙に静かな北朝鮮も、いつ核ミサイルを撃つか分からない。居酒屋でもオッサンの熱い憲法論議がみられるようになり、この日本人の国防に対する意識の高まりはある意味、中華2国と北朝鮮のおかげともいえる。
 戦争を「有事」、歩兵を「普通科」と呼び、階級の大佐、中佐、少佐は「一佐、二佐、三佐」といいかえ、涙ぐましいまでの努力でかつての軍隊のイメージを払拭しようしてきた自衛隊。しかし、戦争を恐れるあまり、自衛隊を社会から排除するような無理を重ねてきた結果、国民の正しい理解が難しくなっていないか。
 レンジャー訓練も遊びではなく、目的は国民の生命・財産、領土を守るという気高く尊い使命である。その本分遂行の環境を整えることは、日本と国民を守るためであり、断じて戦争を起こすためのものではない。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る