印南町のメガソーラー7月着工

 印南町本郷地内の町有地「外ケ濱埋め立て地」と美里地内の県畜産試験場跡地で進められているメガソーラー計画「龍谷ソーラーパーク」は、7月1日からパネル設置工事がスタートする。印南町と龍谷大学、民間企業など5団体が連携して取り組む事業で、売電による利益を地域に還元する全国初の地域貢献型。順調に進めば9月末にも稼働をスタートする。
 地域貢献型メガソーラーは地域社会の中で売電収入を循環させ、地域の課題解決や活性化につなげようとする取り組み。事業主体は、この事業のために設立した龍谷大学の准教授が代表を務める非営利型の㈱PLUS SOCIAL(本社=京都)。龍谷大学が投資し、京セラがパネル供給・保守管理、印南町は町有地を21年間有償貸与、信託事業としてトランスバリュー信託㈱(本社=東京)も携わる。
 発電規模は埋め立て地で出力約1200㌔㍗、美里で約600㌔㍗、龍谷大深草キャンパス屋上に約50㌔㍗のパネルを設置し、合計約1850㌔㍗。年間発電量は約190万㌔㍗時で約600世帯分の電力に相当。総事業費は約7億円で、半分を龍谷大学が投資し、半分は金融機関からの融資で賄う。
 売電で得た利益は京都、和歌山、印南町の市民活動やボランティア活動団体などに寄付する。売電額は計画している20年間で十数億を見込んでいるが、設置費の返却や管理費などの経費を引くため、寄付する収益は20年間で約5億円を見込んでいる。
 印南町には借地料として年間約300万円が支払われるほか、龍谷大学と協力して小中学生の環境教育の実施や、地域貢献型メガソーラー先進地として修学旅行の受け入れなどによる地域活性化が期待されている。
 工事では埋め立て地に4800枚、美里に2500枚、龍谷大キャンパスに250枚の太陽光パネルを設置。起工式などは大々的に行わず、完成した際に完工式を予定している。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る