5年後の完成へ一層奮起を

 高速有田-田辺間4車線化事業着手式が去る22日に御坊市野口の日高川ふれあい水辺公園で行われ、関係者200人が出席して盛大な催しとなった。
 それにしても式典のあいさつでは少々驚かされた。というのは主催者側の西日本高速道路㈱(NEXCO)の石塚由成代表取締役社長が「有田-御坊間についてはいまから8年半後の平成33年度の完成を目指す」と言ったからである。それまでは完成年度がはっきりせず、本紙でも関係者からの取材で「8年から10年後」という書き方にとどめていたが、初めて公の場で具体的な年度目標が明らかになったのである。これは記者にとっては「しめた」と思う瞬間で、記事でポイントとなる部分をいただいたようなものである。
 ところが、それを覆すあいさつが出てきた。二階俊博代議士や国土交通省副大臣の鶴保庸介参議が「8年半も待てない。5年後の完成へ努力しよう」などと述べたからである。こんなことを言うと叱られそうだが、最初は通り一遍の言葉をつらつら並べる記事になるのかと思っていた。しかし、このあいさつでさらにスパイスの効いた中身になった。
 実際のところ、あと5年で完成させるには、難しい課題もある。一番のネックは用地交渉で、地権者の協力が必要。スムーズにいくためには、地域住民が一丸となって推進していくことが大切である。いずれにしても4車線化の早期完成は県民の悲願。民主党政権時代に予算が廃止されるなどの紆余曲折もあり、とにかく遅れている。この遅れを取り戻すため、「5年後の完成」の目標を打ち出すのは、県民や関係者のさらなる奮起を促すにはちょうどいい。この決意と意欲で一日も早い完成を願う。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る