物事の順序は大切に

 最近は「できちゃった婚」とか言って、妊娠をきっかけに籍を入れる結婚が社会的に容認されている。以前なら奥さんになる人の父親にこっぴどくお叱りを受け、めでたい話も吹き飛んでしまうケースがあっただろう。目まぐるしく社会が移り変わる近年では案外ないがしろにされているが、物事には順序があり、それはやはり大切。間違うと大やけどしてしまうことが多々存在すると理解しておかなければならない。
 某大手ファーストフード店。一時期、安売りの弊害で業績が落ち込んだ。会社を立て直そうとした時に特に何を優先するかの〝順序〟を大事にしたというのは有名なエピソードだ。まず作り置きを止めるなど品質、サービス向上に取り組み、常連客を確保。その上で、サービスに見合った価格に値上げ、新商品発売などで新たな顧客層の開拓も成功させ、見事V字回復を果たした。以前と同じサービスで値上げしていれば大失敗になったと予想され、この順序は多くの経営者のお手本になっているという。
 身の回りでも〝順序〟が事をスムーズに運べるかの鍵を握る。飲み会を開くにも「あいつよりあとで誘われて気分がよくない」といった些細な話がある。仕事ではどの上司に先に報告するか、何から手をつけるかなどの順序がポイントになり、トップに直接、逆に直属の上司から一段階ずつ、成功にはケースバイケースでいろいろあって実におもしろい。
 いま政治で注目なのは消費増税までの〝順序〟。一部都市部の好景気に惑わされ、増税に踏み切るようでは絶好調の与党でも国民の批判に耐えられないだろう。どの順序になるか、参院選も絡んでくるので今後の動きから目が離せない。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る