消費拡大で価格低迷打開

 梅の収穫が本番を迎え、本場のJAみなべいなみ管内では連日箱詰めされた南高梅が選果場に運び込まれている。ことしは昨年に比べて豊作傾向だが、価格は出始めから低調。昨年は、南高梅のシーズン平均価格は1㌔当たり544円だったが、この調子だと昨年の平均価格を下回りそうだ▼物の値段は需要と供給のバランスで決まる。出荷量が増えれば、価格は下がる。逆に出荷量が少なければ、価格が上がる。出荷量と価格は反比例の関係にあるのだから、ある意味ことしの値段はしょうがない面はあるといえる。しかし10数年前と比べると半値程度。生産量はそれほど変化していないため、需要が減っているのだろう▼「梅バブル」といわれた時代もあり、当時は「青いダイヤ」とまでもてはやされた。10㌔入りの青梅の箱が1万円程度で取引された。それ自体が「高すぎて異常だった」という見方もあるが、それだけ梅が必要とされた。しかし、近年では若者が梅を漬ける機会が少なくなってきたことなどが価格低迷の要因だろう▼だから、行政などでは消費の拡大に力を入れる。医学的な効能研究などの取り組みもその1つだ。これまでの成果としては熱中症をはじめインフルエンザや糖尿病などの予防効果があることが医学的に裏付けされている。今後はより効果的に梅の機能性を広めることが重要になる▼日高地方の産地にとって生産技術が確立していることはもちろん強みだが、安値が続けば梅の栽培面積を維持することはできない。日本一の産地に必要なのは品質の良さに加え、圧倒的な生産量。その要件を満たすためには、消費者を引き付け、需要を拡大することが欠かせない。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. もういうてる間ぁに春やな…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る