消費拡大で価格低迷打開

 梅の収穫が本番を迎え、本場のJAみなべいなみ管内では連日箱詰めされた南高梅が選果場に運び込まれている。ことしは昨年に比べて豊作傾向だが、価格は出始めから低調。昨年は、南高梅のシーズン平均価格は1㌔当たり544円だったが、この調子だと昨年の平均価格を下回りそうだ▼物の値段は需要と供給のバランスで決まる。出荷量が増えれば、価格は下がる。逆に出荷量が少なければ、価格が上がる。出荷量と価格は反比例の関係にあるのだから、ある意味ことしの値段はしょうがない面はあるといえる。しかし10数年前と比べると半値程度。生産量はそれほど変化していないため、需要が減っているのだろう▼「梅バブル」といわれた時代もあり、当時は「青いダイヤ」とまでもてはやされた。10㌔入りの青梅の箱が1万円程度で取引された。それ自体が「高すぎて異常だった」という見方もあるが、それだけ梅が必要とされた。しかし、近年では若者が梅を漬ける機会が少なくなってきたことなどが価格低迷の要因だろう▼だから、行政などでは消費の拡大に力を入れる。医学的な効能研究などの取り組みもその1つだ。これまでの成果としては熱中症をはじめインフルエンザや糖尿病などの予防効果があることが医学的に裏付けされている。今後はより効果的に梅の機能性を広めることが重要になる▼日高地方の産地にとって生産技術が確立していることはもちろん強みだが、安値が続けば梅の栽培面積を維持することはできない。日本一の産地に必要なのは品質の良さに加え、圧倒的な生産量。その要件を満たすためには、消費者を引き付け、需要を拡大することが欠かせない。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る