日高川町議会 鳥獣害報奨金問題で意見書

 日高川町が交付要綱を守らなかった捕獲者にも鳥獣害捕獲報奨金を交付していた問題で、議会産業建設常任委員会(熊谷重美委員長)は17日、市木久雄町長に支払い済みの報奨金の再検討等求める意見書を提出した。同委員会や担当課などの調べで、平成24年度の申請分で交付要綱に沿わず日付が入っていない個体写真や転用したと思われる写真など見つかっている。町では、これらについて報奨金の返還も含め、今後の対応を検討していく。
 意見書には▽職員によるしっぽの確認があったといはいえ、補助金交付要綱通りに処理されていなかった責任は大きい(他の補助金交付要綱への影響も大きい)▽支払い済みの報奨金について再検討をいただきたい――との2点を訴えている。委員会では、平成24年度の報奨金申請の受け付けに対し、監査委員が、町に事務を改めるように指摘したことを受け、申請書類を再調査。監査委員が不備を指摘した日付が入っていないイノシシ、シカの個体写真645枚、転用したと思われる写真1枚に加え、新たに転用の疑いがある写真3枚と、ワナで捕ったのに報奨金が高い銃(報奨金ワナ6000円、銃1万5000円)で申請するなど捕獲方法に疑問がある申請書も十数件見つかった。
 この日、熊谷委員長が意見書を市木町長に手渡し、市木町長は「申請者に話しを聞いている関係職員らで協議し、今後の対応を再検討していきたい」と述べた。
 平成24年度の捕獲報奨金は約5000万円。このうちイノシシ、シカの報奨金は3635頭分の約4600万円。熊谷委員長は「要綱違反をこのままにしておくのか、銃による捕獲数の多さを疑問視する町民の声が委員会に届けられている。きちんとした対応をお願いしたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る