下川改修はスタートライン

 今月1日、市内下川河川改修に伴う御薗橋(通称・茶免橋)架け替えの竣工式が行われた。こんなことを言うとあれだが、長さ7㍍という短い橋だからちょっとした式典かと思っていたが、なかなかどうして。地元住民、市、県工事関係者ら70人が出席して3世代夫婦の渡り初めも行われるなど立派な式典となった。これは長年、茶免橋が地域住民に親しまれてきたこと、そして大雨時の増水対策という下川改修事業への大きな期待が形になって表れたのだと思う。
 下川河川改修についてはかねて地元住民ら対策委員会が推進。地権者との話し合いなどでも尽力してきた経緯がある。また、ここ数年はゲリラ豪雨に伴う増水で付近民家の浸水被害が深刻化しており、さらに早期改修を望む声が強まっていた。今回、県が河川改修の事業化をしたのは、茶免橋から下流の徳太夫橋まで延長90㍍区間。3億円を投入して河川幅を広げ、水の流れをよくする工事で、完成は26年度末を予定している。特にこの区間だけが細く、氾濫することが多いため、ネックを解消する意味での河川改修となっている。
 ただ、下川の増水対策はこの区間だけが完成して終わりではない。もともと上流や下流でも河川幅が広いとはいえず、関係者によると今後想定外の大雨でも降れば被害が出る恐れは十分にあるという。ならば今回の茶免橋は竣工式だったが、今後のさらなる河川改修の推進に向けたスタートを切る式典だったと言ってもいいかもしれない。厳しい財政状況の中だが、事業主体となる県には、地域住民の思いと期待を十分に理解して、河川改修が一層進むよう努力していただきたい。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る