南高生の「梅と野菜のジャム」が人気

 南部高校農業クラブのメンバーが特産の南高梅とトマトをミックスさせて商品化した「梅と野菜のジャム」が好評を呼んでいる。半年間試行錯誤を重ねて仕上げた苦心作で、トマトの甘味と梅の酸味がほどよくアレンジされている。取り組んだ生徒たちは「パンに塗るだけでなくドレッシングなどとしても使えるので、ぜひ味わってもらいたい」とPRしている。
 商品化に取り組んだのは、3年生の大西麗香さん(御坊市)、中田ほのかさん(上富田町)、植野香澄さん(御坊市)の3人。昨年夏、毎日新聞社の「笑顔でプロジェクト」の企画でトマトなどを使ったドレッシングをつくったが、あまり日持ちしないのが欠点だった。課題をクリアするため、仕上げたドレッシングをベースとしてジャムに変更することに。昨年度に卒業した農業クラブの先輩、平井建人さんが残した加工データを参考にしながら挑戦。トマトをペースト状にして裏ごしし、水分を取り除いてから梅を入れる製法を取り入れた。砂糖も3種類加え、口当たりや甘さ、味わいを調整した。出来上がったジャムを大阪の食品会社に送り、社員に試食してもらったところ「ヨーグルトよりもパンによく合う」「梅とトマトの組み合わせがいい。ドレッシングにいいかも」などの声もあった。和歌山市内のホテルで開かれたイベントにも30個を出品したところ、すぐに完売したという。
 価格は1個(180㌘)300円。田辺市の情報交流センター「ビッグ・ユー」内で不定期に販売している。生徒たちは「今後も果肉を入れるなどして、食感などで改良を加えていきたい。梅もトマトも健康にいいし、大勢の人に味わってもらいたい」とPRしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る