酒が抜けるまで乗るな

 先日、飲酒運転で懲戒免職となった中学校教諭が、県に処分取り消しを求める訴訟を起こしたという記事を見た。指導する立場の人間が飲酒運転すること自体考えられなかったが、内容をよく見るとよくある飲酒運転とは少し違った。教諭は飲酒したあと運転したわけでなく、日付が変わる前に就寝し、朝、財布がないことに気づき、紛失届けを出しに交番まで運転していったところ警察官に指摘され発覚した。以前もどこかで教育関係者が車内で一晩明かし、翌朝運転したところ飲酒運転で捕まったことがニュースになっていたが、こういった場合は若干の同情の余地がないこともない。
 公益社団法人アルコール健康医学協会のサイトによると、体重約60㌔の成人男性がビール中びん1本のアルコールが体内から消えるまでの時間は、体質により異なるが約3、4時間。2本では6、7時間、3本では9、10時間、4本では12、13時間と飲む量に比例して増える。汗をかいても一定以上にアルコールの排出が増えることはないため、実質、これだけの時間を待つしかないという。
 前述の中学生教諭は、裁判で「免職は妥当性を欠く」として訴えが認められ、復職した。この判決にどうこういうつもりはないが、飲んだ直後であろうと数時間経過していようとも飲酒運転には違いない。「大丈夫と思った」では済まず、事故を起こした場合、被害者にそんな言い訳が通じるわけもないだろう。ただ一般的に飲酒直後に比べて翌朝となると危機意識が薄くなっている感は否めない。「飲んだら乗るな」はもちろん、「抜けるまで乗るな」も周知、徹底していく必要がある。     (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る