空梅雨で南高梅の収穫減心配

 南高梅の収穫が最盛期を迎えているみなべ町では、ことしは空梅雨の影響で記録的な少雨量となっており、日高果樹技術者協議会は13日、スプリンクラーによるかん水など緊急対策を指導した。この時期に水分が足りないと、実が大きくならなかったり早期落下するなどの影響があり、収量減が懸念されている。かん水作業は大きな労力が必要で、生産者は「なんとかひと雨来てほしい」と悲鳴を上げている。
 うめ21研究センターの調べによると、6月1日から13日までの町内の総雨量はわずか6㍉。同時期の過去10年間で最も少なかった平成22年の21㍉の3分の1以下で、過去10年の平均83・1㍉を大きく下回っている。ここ最近のまとまった雨は5月29日から30日にかけての21.5㍉が最後で、以降、梅にいい影響を与えるほどの雨は降っていない。
 梅は収穫前に水分を吸収して実を太らせるため、梅雨時期の適度な降雨はまさに恵みの雨。逆にこの時期に雨が少ないと、肥大に大きな影響を与える。放っておけば実のサイズが例年より小さくなったり、樹勢が弱くなり早期落下するほか、最悪の場合木が枯れてしまうケースもある。日高振興局やJAなどでつくる日高果樹技術者協議会では「15~20㍉のかん水が必要」と呼びかけている。雨が降らない以上、かん水以外に方法はないが、園地全体にまんべんなくかん水するためにはスプリンクラーは1時間程度で切り替える必要があり、生産者にとっては大きな負担。24時間態勢でかん水している農家もいて、「梅も人も体力がもたない」との悲鳴も聞かれている。ベテランの生産者は「ことしは豊作だが、これだけ雨が少ないと収量減になるし、実にしわがよって等級も下がってしまうかもしれない。一日も早くまとまった雨がほしい」と祈るように話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る