高校総体バレー 日高地方5選手に全国切符

 県高校総合体育大会バレーボール競技の部は1日から3日までの3日間、田辺市体育センターなどで行われた。男子優勝の開智では濵中晴貴選手(1年、大成中出身)、女子優勝の信愛では山田莉沙(3年、南部中)、宮崎優奈(2年、同)、冷田桃子(同、丹生中)、石川真奈(1年、印南中)の4選手がそれぞれ決勝でベンチ入り。金メダルと夏のインターハイ切符獲得に喜びを爆発させた。
 男女とも予選グループ戦、決勝トーナメントで熱戦を展開。いずれも夏のインターハイ(優勝)と、近畿大会(上位4チーム)の出場権が争われた。
 男子は20チームが参加。シードの開智は決勝トーナメントから出場し、和高専、田辺工、田辺、和歌山工をすべて2―0と圧倒的な強さで19年連続19回目の優勝を飾った。濵中選手はライトアタッカーとして全試合に出場。得意のジャンプサーブや強烈なスパイクを決め、チームの勝利に貢献した。中学生時には日本代表入りを果たした日高地方期待の星。「すごい先輩たちがいっぱいいるので、先輩たちに助けてもらいながら、技術を盗みながら練習しています」と謙虚に話し、インターハイへは「日本一が目標。優勝に貢献したい」と力強く語った。
 女子は28チームが激突。シードの信愛は予選グループ戦を免除。決勝トーナメントでは和歌山北を2―0、日高を2―1、箕島と開智をいずれも2―0で破り、2年ぶり30回目の優勝を決めた。山田選手はライトアタッカーで、全試合に出場。「決勝は自分たちのバレーができなかった」と県制覇にも満足せず、大舞台へは「きちんと修正して安定したプレーができるようにしたい。2回戦突破を目標に頑張りたい」と闘志を燃やした。宮崎選手はレシーバーとして活躍。「自分たちの目標はインターハイで勝つこと。もっと練習してインターハイで勝ちたい」と力を込めた。冷田選手は今大会出場機会に恵まれなかったが、「優勝に満足しないで、これからの練習を頑張っていきたい」。石川選手は178㌢、チーム1の長身を買われて初戦に出場。ブロックを決めるなど得点にも絡み、「先輩と周りの人のおかげで勝つことができた。インターハイでは自分もコートに入れるように日々練習していきます」と意欲を見せた。
 インターハイは女子が7月28日から8月1日までの5日間、久留米市で。男子は8月3日から7日までの5日間、飯塚市で開催される。
 日高地方勢は日高男女がそろってベスト8と健闘も、近畿出場にはあと一歩届かなかった。男子でシードの日高は決勝トーナメント1回戦で向陽を2―0、準々決勝で和歌山北に1―2で惜敗。女子の日高は予選グループ戦で和歌山北を2―0、決勝トーナメント1回戦で田辺、2回戦で南部をいずれも2―0。準々決勝の信愛戦では第1セットを奪うなど見せ場をつくったものの及ばなかった。
 その他、男子の和高専は紀北工に0―2、和歌山商に2―0、開智に0―2で決勝トーナメント1回戦敗退。女子の南部は橋本に2―0、日高に0―2で決勝トーナメント2回戦敗退。紀央館は那賀、新宮に0―2、和高専は星林、粉河・県和歌山に0―2で、ともに予選グループ戦を突破できなかった。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る