御坊弁俳句大会にご参加を

 7月1日から、本紙創刊85周年記念事業「御坊弁俳句大会」の作品を募集する。今回が第3回の開催となる。
 御坊日高の方言を表す言葉として「日高の馬はこくるほど駆くる」というのをきいたことがあるが、明治生まれだった祖父は幼い頃の筆者が駆け出すと「こくんな、こくんな」、側溝のそばなど歩く時は「落つんな、落つんな」と言っていた。「こけるな」「落ちるな」という意味である。言語学に関する講演会を取材した時、「この辺りは熊野古道があって都人が行き来したせいか、古語の上二段活用が今でも残っているのが素晴らしい。食ぶるとか、落つるとか」ときいて驚いた。実は優雅な都人の言葉だったのだ。
 学生の頃、「とごる」が和歌山弁だと知って愕然としたことがある。他府県の友人に「溶け残る」だろうと言われ「『とごる』の方が絶対感じが出る」と力説した。また、80歳の母の朝食には「おかいさん」を出しているが、これを「茶がゆ」というと何か別物のような気がする。
 世代が若くなるほど、方言を使う頻度は減っていく。全国どこへ言っても意味が通じるのはもちろん必要なことだが、方言を共通語に言い換えると、意味は同じでも気分や雰囲気が変わってしまう。歯切れよく共通語で語られるより、ゆったりと方言で話してもらう方が、気持ちが心に直接伝わることもある。
 今回の「御坊弁俳句大会」は、御坊日高で親しまれる言葉の数かずを「俳句」という世界一短い詩の形で表現し、ふるさとの言葉のよさを再発見する試み。御坊弁ならではの雰囲気を、季語を入れ17文字で詠む。難しいが、故郷の言葉や文芸に親しむと共に頭の体操にもなる。ぜひ奮ってご応募を。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る