小さな支援が医療を変える

 「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」。憲法第25条に定められている生存権。参院選が近づき、発議要件を緩和する96条など、憲法改正が取り沙汰されているなか、思わぬところでこの憲法25条に照らした日本の医療に対する叫びを聞いた。
 県立医科大に全国で初めて、がん患者団体による寄付講座「がんペプチドワクチン治療学講座」が開設される。手術、抗がん剤(化学療法)、放射線の標準治療では効果が出ない〝がん難民〟と呼ばれる患者に、ワクチン投与の治療(臨床試験)を行う。
 自分自身、または家族の体にがんが見つかり、標準治療に効果が期待できないとなったらどうするか。だれもがセカンドオピニオンを求め、別の治療法がないかと探し回るはず。インターネットを検索すれば、さまざまな未承認の薬や民間療法がヒットする。がんペプチドワクチンは「第4の治療法」に最も近く、最も科学的根拠があるといわれている。
 しかし、このペプチドワクチンも、研究に参加するには、HLAという白血球の型が合うことが条件となる。標準治療に見放され、1%の可能性にかけて、ようやくたどりついた研究室で、HLAの型が合わないために投与してもらえず、最後の希望を絶たれてしまう人がいる。
 このあまりに非情で理不尽な医療の壁を突き破るため、市民のためのがんペプチドワクチンの会が広く寄付を募り、それを元に県立医科大の治療学講座に資金を提供する。HLAの条件を緩和し、より多くの患者が臨床試験に参加できるようになる。
 人が当たり前に生きるための権利が奪われてはならない。私たちの小さな支援が医療を変えようとしている。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る