民の家に煙は立っているか

 高き屋にのぼりて見れば煙立つ…。仁徳天皇が高津宮からまちを見渡し、家々からかまどの煙が上がっているのを見て、民衆の生活が成り立っていることを喜んだ御製。天皇はその前に、家々から煙が立たないことに民衆の生活困窮を知り、3年間、税の徴収を免除したそうで、いま風にいえばニントクノミクスの成功例である。 
 1600年後の日本経済は、 アメリカの金融緩和の縮小予測に市場が揺さぶられ、株式から為替、円高から株安へと、株価の乱高下が止まらない。安倍政権はとっておきの成長戦略を小出しにしながらも、株価の暴落が続き、マスコミから批判を浴び始めている。参院選を前に、アベノミクスが正念場を迎えている。
 国家の安定、国民生活の安定には、何よりも優先されるのが経済であり、経済の発展なくして国民の幸せはない。アラブの春が吹き荒れた中東、イランでは穏健派のロハニ師が次の大統領に決まった。国民のほとんどが、イスラム全体では少数のシーア派。反欧米の対外強硬路線が続いていたが、核開発を巡る経済制裁によるインフレが国民生活を圧迫。新リーダーの政策に注目が集まる。
 内戦が泥沼化しているシリアにも干渉、自国と同様、バーレーンやキリスト教のグルジアにまで入り込み、改革を押し広げようとしているイランだが、日本とは出光興産の日章丸事件が象徴するように、互いに国家の復興と国民生活の安定のために、大国とメジャーに対抗した歴史があり、伝統的に友好な関係が続いてきた。
 ロハニ師は、政策の最優先課題に経済再生を掲げる。イランやシリアを巡り対立するサミット参加国も、自国の家々に煙が立つ光景が見える首脳は何人いるのだろうか。      (静)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る