民の家に煙は立っているか

 高き屋にのぼりて見れば煙立つ…。仁徳天皇が高津宮からまちを見渡し、家々からかまどの煙が上がっているのを見て、民衆の生活が成り立っていることを喜んだ御製。天皇はその前に、家々から煙が立たないことに民衆の生活困窮を知り、3年間、税の徴収を免除したそうで、いま風にいえばニントクノミクスの成功例である。 
 1600年後の日本経済は、 アメリカの金融緩和の縮小予測に市場が揺さぶられ、株式から為替、円高から株安へと、株価の乱高下が止まらない。安倍政権はとっておきの成長戦略を小出しにしながらも、株価の暴落が続き、マスコミから批判を浴び始めている。参院選を前に、アベノミクスが正念場を迎えている。
 国家の安定、国民生活の安定には、何よりも優先されるのが経済であり、経済の発展なくして国民の幸せはない。アラブの春が吹き荒れた中東、イランでは穏健派のロハニ師が次の大統領に決まった。国民のほとんどが、イスラム全体では少数のシーア派。反欧米の対外強硬路線が続いていたが、核開発を巡る経済制裁によるインフレが国民生活を圧迫。新リーダーの政策に注目が集まる。
 内戦が泥沼化しているシリアにも干渉、自国と同様、バーレーンやキリスト教のグルジアにまで入り込み、改革を押し広げようとしているイランだが、日本とは出光興産の日章丸事件が象徴するように、互いに国家の復興と国民生活の安定のために、大国とメジャーに対抗した歴史があり、伝統的に友好な関係が続いてきた。
 ロハニ師は、政策の最優先課題に経済再生を掲げる。イランやシリアを巡り対立するサミット参加国も、自国の家々に煙が立つ光景が見える首脳は何人いるのだろうか。      (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 卒業式を前に感謝を込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る