「奇跡の人」に期待

 今月9日、市民文化会館でアマチュア劇団RAKUYUの結成15周年公演「奇跡の人 ヘレン・ケラー物語」が上演される。これが10作目の公演になる◆15年という時間は決して短くはない。人が生まれてから義務教育を終えるまでの年月だ。それだけの期間を通じてコンスタントに作品を生み出す。他に本業を持ちながらそれを持続するには、並大抵ではない気力と情熱が要る。そのことにいつも感心している◆「奇跡の人」は4年前に日高川交流センターでも上演されており、今回はいわば新バージョン。同劇団の魅力の一つはオリジナルの音楽だが、今回も生の歌声が劇を盛り上げる。子ども団員の出演も多く、舞台に活気を加える。何より、あまり一般に知られていないアニー・サリバン先生の過去が織り込まれ、物語に深みを与える。アニーは幼い弟と共に救貧院で育ち、目を患って一時失明していた。その体験が、ヘレンへの厳しくも熱い思いのこもった、本気の教育を成し遂げさせたのだろう◆そんなアニーを演じるのは、前回に引き続き、劇団旗揚げ当初からのメンバーである高畑繭理さん。全身全霊という言葉を体現する演技は圧巻だ。前回のヘレン役・宮井恵巳子さんは、天真爛漫な無邪気さで観客を魅了した。今回の柳本真希さん演じるヘレンは、繊細な部分を持った負けず嫌いな少女。同じ登場人物でも演者によって新たなキャラクターとして生まれ変わり、新たな作品世界を創り上げるモチーフとなるのが舞台の魔法だ◆キャストとスタッフの働きが結集され、観客の心がそこに集中した時、一つの舞台作品は完成する。今度の「奇跡の人」がどんな舞台上の奇跡を呼ぶか、楽しみにしている。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る