就農支援センターの社会人課程が開講

 市内塩屋町の県農業大学校就農支援センター(大江吉人所長)で31日、本年度の技術修得研修社会人課程の開講式が行われた。新規就農や農業法人への就職を目指す離転職者ら農業の素人を、来年1月末までの8カ月間でプロに養成。中学教諭、サラリーマンなど前職はさまざま、27歳から63歳までの男性9人が集まり、それぞれの将来設計を持って新たな人生への一歩を踏み出した。
 社会人課程は、農地も設備もない農業の素人を一人前の農家に育て上げることを目的に、厚生労働省の補助事業(公共職業訓練)として昨年度からスタート。今月から来年1月末まで8カ月にわたり、野菜、花き、果樹の栽培実習と講義、農家に出向いての実践研修などを行う。
 2年目のことしは男性9人が受講、うち5人は東京、神奈川、兵庫など県外出身で、平均年齢は45歳。元中学教諭、建設関連やIT関連のサラリーマンなど前の仕事はさまざまだが、アベノミクスの成長戦略で柱の1つに挙げられる農業分野にかける熱い想いは同じ。6人は本格的な自立経営、2人は自給自足の田舎暮らし的な準本格営農、1人が農業法人への就職を考えており、週明けから夏野菜、切り花、梅の栽培の実習と講義が始まり、夏以降はそれぞれ取り組みたい作物にシフトしながら、9月以降は毎月5日間、専業農家の〝通い弟子〟となって、栽培、経営のノウハウを教わる。
 宮城県石巻市出身の58歳の元中学教員は、学校で畑を借りて生徒たちと行った野菜作りがきっかけで農業に興味を持ち、「第二の人生、まだ間に合うと思って挑戦しました。御坊市内にアパートを借り、単身生活ですが、ここと地形がよく似た石巻を思いながら頑張ります」と笑顔。また、大阪出身の40歳はこの冬に田辺へIターンし、「いろんな事情で仕事を辞めて、こっちに来ました。まだなんの知識も技術もありませんが、ここでしっかり基本を身に付け、将来はこの和歌山でトマト農家としてやっていきたいです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る