うまく寄り道してますか

 最近、都会では「1人カラオケ」なるものがはやっているとか。その名の通り、1人用の狭い個室の中でカラオケをうたうのだが、これが24時間、客が途切れることがない。高校生、サラリーマン、主婦など、いろんな人が喫茶店のようにぶらっと訪れ、AKBやミスチルなど好きな歌を思う存分、熱唱。大きな声で歌をうたうのは何よりのストレス解消、ハマッてしまうのも理解できる。
 たとえば、会社勤めのお父さんなら、仕事の帰りに赤ちょうちんで一杯、若い人ならジョギングやスポーツで汗をかき、喫茶店で読書、映画、釣り、パチンコ、習い事もいい。とにかく、仕事場から家に帰るまでの1時間、2時間を自分の趣味に当て、1人で仕事を忘れる時間をつくるというのは、けっこうなストレス解消につながる。いくらこぼしても拭いてもなくならない愚痴をいい合う飲み会よりも、1人カラオケは安く、気分よく、ストレスを発散できるに違いない。
 ふだん、なかなか遊びに行く時間のない専業主婦なら、たまにはご主人に子どもを預けて友達と飲みに出かけるのもよし。毎日の仕事や家事、育児で疲れた頭を切り替えるには、体を動かしたり大声を出したり、料理やものをつくったりして没頭することが一番。ようするに、寄り道をして好きなことをするだけ。簡単なようだが難しく、いまの時代を生きるうえで、案外、重要なことかもしれない。
 好きなことでストレスを発散、カタルシスを実感できるというのは、それだけ仕事に家事に頑張っている証し。うっとうしい梅雨空、少し疲れを感じたら、ちょっと寄り道してみてはいかがでしょう。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る