歴史に触れよう大阪の陣400年

 先日、大阪城を訪れた。小学校の修学旅行以来30年ぶり。当時、展示物を見学したのであろうが、歴史に興味があったわけでもなかったので、最上階で大阪市内の町並みを眺め、土産を買ったこと以外覚えていない。
 今回、「大坂の陣400年」と書かれた幟を見た瞬間、気持ちが高鳴った。平成26年が冬の陣、27年が夏の陣から400年に当たる。筆者は、池波正太郎の「真田太平記」を読んだことがきっかけで、真田幸村を好きになった。幸村はこの大坂の陣の大坂方の英雄。冬の陣では、外堀のさらに外側に築いた出丸、真田丸で奮闘し、徳川軍に大打撃。夏の陣では、猛攻撃を展開し家康本陣は総崩れ。家康自身も金扇の馬印を捨てて逃げたとされ、家康本陣が崩れたのは武田信玄に敗れた三方ケ原と後にも先にも2回だけ。真田太平記では最大の見どころで、本当にあと一歩のところで家康の首を取り逃してしまう。大阪城ではそんな幸村に関する展示物や資料が多数展示されており、食い入るように見入った。徳川方と激突する模型等もあり充実したひとときとなった。
 幸村は和歌山とゆかりがあり、関ケ原の戦い以降、大坂の陣まで九度山で父、昌幸らとともに暮らす。真田太平記では、この九度山での暮らしの中で昌幸とともに来るべき大坂城での戦いを仮想し、大坂の陣では亡き父と語り合った戦術を息子が実践。幸村にはロマンが詰まっている。大阪では今後、自治体をはじめ、民間企業も参画して大坂の陣400年プロジェクトが展開される。来年からさまざまな展示会や事業が行われることになっており、この機会に足を運んでいただき、歴史に触れ、和歌山とゆかりのある幸村の魅力も知っていただければと思う。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る