劇団RAKUYU 感動の15周年記念公演

 劇団RAKUYU(松本こうじ代表)の結成15周年記念、第10回公演「奇跡の人 ヘレン・ケラー物語」は9日、市民文化会館大ホールで上演された。見えず聞こえず話せないという三重苦を乗り越えたヘレン・ケラーと師のアニー・サリバンを、団員は体当たりで熱演。情熱をかけて全身で打ち込む教育が報われる物語に、大きな感動の拍手が送られた。
 アメリカ南部・アラバマ州の軍人の家庭。病気で視覚も聴覚も失った少女ヘレンのもとに、自身も視力が弱く盲学校を卒業したばかりのアニーが家庭教師としてやってくる。両親は教育の方法が分からずやりたいようにさせていたが、アニーは「自力で生きていけるようにしなければ」と、格闘しながらヘレンにテーブルマナーを教えていく。両親はそれで満足だったが、アニーは「言葉さえ覚えれば人とかかわり合える。闇の世界にいるヘレンになんとか光を」と指文字でアルファベットを教えるが、まねをして繰り返すことはできても、どうしても意味を理解できない。別荘で2人だけの生活を送り、あと少しのところまで成長したが、約束の期限が来て家に戻るとまた甘やかされ、マナーを無視して食事しようとする。「今きちんとやらなければ元に戻ってしまう」とヘレンをしかり、一緒に井戸に水をくみに行くアニー。水を手にかけながら「ウォーター」と指でつづった瞬間、ヘレンはその意味を理解し、言葉の存在に開眼。「大地」「階段」などの言葉を教わり家族と喜び合ったあと、ヘレンは初めて指で「先生」とつづり、アニーと抱き合う。若き教師アニーの一人の少女を思う情熱、献身的な努力が実を結んだ感動に、客席では涙する姿もみられた。
 全員が登場してのカーテンコールでは、素晴らしい演技をたたえて大きな拍手が送られた。

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る