北出病院の新病棟完成 13日から業務開始

 市内の社会医療法人黎明会(北出俊一理事長)が昨年から進めていた北出病院新病棟の第1期工事が完成し、きょう13日の夜間から業務をスタートする。救急車が進入しやすい県道沿いに救急入り口を設け、急患の診療体制をこれまで以上に充実。MRIやCT、マンモグラフィーなど最新の検査機器を導入、県内初のハイテクナースコールも取り入れており、地域医療の一層の充実を図る。
 同病院の一部施設が築40年近く経過して耐震性に問題があり、近い将来発生が懸念されている南海地震等に備え、患者と職員の安全を守ろうと新築を計画し、昨年2月に着工していた。
 完成した新病棟は、旧病棟と連結できるように北側に建設した。最も重点に置いたのは、急患の受け入れ態勢の充実。これまでは旧病棟正面玄関東側が入り口だったが、新病棟では救急車がスムーズに1秒でも早く到着できるように県道沿いに設置した。早く処置ができるように、入ってすぐに2床同時に処置ができる広さを確保した救急室、さらに急患専用のレントゲン室も併設。専用のエレベーターもあり、緊急オペが必要ならすぐに5階の手術室へ搬送できるように配置している。夜間は医師2人、看護師2人とレントゲン技師が常駐し、いつでも対応できる体制を整えている。
 新築に合わせて検査機器も最新型に一新した。機器の目玉はMRI。これまでよりも細かく画像診断でき、病気の早期発見が期待できる。このほか乳がん早期発見のためのマンモグラフィー等も最新で、その場で細胞の検査ができるようになる。県立医大の医師と連携しており、北出病院で検査を行い、オペは医大で受けられるようになる。これら検査機器は旧病棟ではすべて1階だったが、新病棟では津波浸水被害を免れるため、内視鏡も含めて2階に各検査室を配置した。
 3、4階は入院患者の病室で、異変が起きた患者への早期対応へナースコールもデジタル化。県立医大でも現在設置工事が進んでいるが、供用開始は北出病院が県内トップ。各部屋の入り口につけていたネームプレートはタッチパネル式の液晶画面となり、ナースコールを押すと光の点滅と警報音で知らせ、4人部屋でも誰が押したか一目で分かるようになっている。看護師が持っているPHSにも連動して、同じ表示がされ、迅速な対応が可能だ。
 救急室に必要な部屋の配置、患者が使うトイレや風呂、手術室で医師や看護師が効率よく動けるような機器の配置などは、すべて現場の看護師らの意見を反映して設計した。北出理事長は「これで患者や職員に安心してもらえる。今後は患者のために一層体制を充実させていきたい」と話している。設計は芦原設計、施工は清水建設。
 第2期工事は外来診療等を整備する。2期工事が終わるまでは、一般外来の受け付けはこれまで通り旧病棟で行う。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る