精神破壊する監禁、虐待

 アメリカで10年ほど前に誘拐され、家の中に監禁されていた女性3人が救出された。捜査当局は、容疑者の元スクールバス運転手の男を逮捕、女性3人に対する誘拐と性的暴行の罪で訴追した。日本でも13年前、新潟県で同じような監禁事件があった。
 鍵のかかった部屋に閉じ込められた被害者は泣き叫び、必死に脱出を試みたが、やがてそれがムダな抵抗だと分かり、黙って犯人の要求を受け入れてきたのだろう。女性を狙う猟奇的な犯罪は世界中で多発している。
 有名な心理学者の実験によると、動物も人間も肉体的苦痛、精神的ストレスにさらされ、どうあがいても逃れられないと知ったとき、抵抗をあきらめ、無気力状態に陥る。さらに、続けて別の形の苦痛を受けた場合、それを回避できる道があるにもかかわらず、抵抗せず苦痛を受け続けるという。これが今回の監禁事件の加害者と被害者、飼い主と飼い犬のような主従関係なのだろう。
 日本では児童虐待があとをたたない。子どもはやさしく守ってくれるはずの親の暴行、その現実をとうてい受け入れられない。いくら泣きわめいても逃れられないことを知ったとき、混乱した頭は「大好きなパパやママがいじめるのは私じゃない」と、自分の中に別の人格(他人)をつくり出し、多重人格(解離性同一性障害)となってしまうこともある。
 人は苦痛やストレスを受け続けると、無気力からやがて抑うつ症状が表れる。深刻なうつ病に陥らないためには、現状はいつか改善すると信じる楽観的な思考が大切ともいわれるが、虐待を受ける幼い子どもや女性はそうもいかない。学校の先生や近所の人の見守り意識が救出につながる。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る