県福祉事業団が中川邸購入

 市内寺内町のシンボルといえる横町の 「中川家の邸宅」 は、 大阪在住の所有者の意向で取り壊しの可能性があったが、 古い町並み保存の趣旨に賛同した県福祉事業団が購入した。 同事業団は建物の改修工事を行って、 障害者の就労訓練の場を兼ねた古民家レストランなどとして平成25年度中にオープンする計画で、 寺内町観光の推進に一役買ってくれそうだ。
 中川家は敷地面積1013平方㍍、 延べ床面積487平方㍍の木造瓦ぶき1部2階建てで、 市内最大の住宅。 昭和10年、 当時1000円で一般住宅が建てられた時代に10万円の巨費と5年もの工期をかけて建築され、 「日高御殿」 と称されたほど。 しかし、 ここ30年以上空き家だったこともあって、 所有者としては管理が困難となってきたため、 更地にしようと考えていた。 これを知った市内有志の御坊まちづくり委員会 (野村義夫会長) は、 古い町並みを保存させようと、 所有者から承諾を得て昨年2月から購入希望者を探していた。
 県福祉事業団はすでに所有者と売買契約を締結済み。 今後の改修工事の詳細な日程は決まっていないが、 1階を手打ちそばなど自然食品を提供する古民家レストラン、 2階を障害者の文化活動の場となるアートギャラリー、 展示即売コーナー、 作品作り体験コーナーにする計画。 定員20人の障害者多機能型事業所としての役割も兼ねており、 障害者が接客、 販売に携わることで就労訓練の場とする。
 同事業団は県立の社会福祉施設を受託運営するため、 昭和40年8月に設立された社会福祉法人。 平成23年4月に、 県から県立施設の移譲を受け、 現在は事業団が独自の運営を行っている。 中川家購入に際し、 「建物の老朽化が進んでおり、 いまの外観を生かして改修工事するには予想以上の費用が見込まれるが、 本年度中に何とかオープンできれば」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る