日高からエ号の国際平和発信を

 明治23年、串本沖でトルコ軍艦エルトゥールル号(エ号)が座礁、沈没。大島の島民による救済活動で69人が生還した。95年後の昭和60年、イラン・イラク戦争で日本人約200人が現地に取り残される危機に直面。トルコが救済機を飛ばし救出した。日本とトルコの絆を示す2つの物語。知ったとき、心が熱くなった。
 御坊南ロータリークラブの例会で、NPO法人「エルトゥールルが世界を救う」理事、冨田博文さんから講話を聴いて詳しく知ることができた。冨田さんによると、大島の人々に、明治天皇がエ号の活動に際しお褒めの言葉と救済活動の費用を申し出るよう言われたところ、島民は「当たり前のことをしたまで」と断り、トルコ政府もまた見返りを求めず、救済機を出した理由を「エ号の恩返しをしたまで」と答えたそうだ。トルコは親日国で、「どこの国に行きたいか」という質問に9割が「日本の大島へ行きたい」と回答。歴史的背景もあり、日露戦争で活躍した乃木希典や東郷平八郎は英雄で、子どもの名にも「ノギ」「トウゴウ」と付けられているという。
 両国の間でエ号の映画化が進められている。脚本はNHK『天地人』など担当した小松江里子、監督は映画『火天の城』などの田中光敏。田中監督と串本町の田嶋勝正町長が大学の同級生だったことから映画化の話が生まれた。県内にはエ号と、日の岬沖で日本人を救おうとして遭難したデンマーク人のクヌッセン機関長の2例の国境を超えた海難救助がある。クヌッセンゆかりの御坊日高からも映画化の周知を呼びかけ、応援・協力。上映の際にはぜひご覧になって、より一層国際平和へ関心を高め、トルコについての知識も深めていただければと思う。
       (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る