長嶋・松井さんの絆のように

 昭和の日(4月29日)、憲法記念日(5月3日) などの祝日が続いた大型連休のゴールデンウイークが終わった。 全国的にさまざまなイベントが展開されたが、 5日の子どもの日には国民栄誉賞を受賞した長嶋茂雄さん (77) と松井秀喜さん (38) の授与式が東京ドームで行われた。 この日の巨人と広島の試合前には始球式のセレモニーもあり、 長嶋さんが打者、 松井さんが投手、 捕手に原辰徳巨人監督、 審判に安倍晋三首相という目を見張るような豪華メンバーもそろった。
 長嶋さんが巨人の監督時代、 当時高校生ルーキーだった松井選手をドラフトで引き当て、 開口一番に 「10年に1人の選手。 大事に育てたい」 と語り、入団してからは毎日、長嶋監督と松井選手によるマンツーマンの素振りチェックが始まったという。松井選手がメジャー移籍後も国際電話越しに素振りさせ、スイングの音を聞いてアドバイスしたこともあったそうだ。 そして昨年12月に松井選手が引退を表明した時、 会見で 「20年間のプロ野球生活で最も印象に残っていることは?」 と聞かれ、「やっぱり長嶋さんと2人で素振りしていた時間です」と答えた。 長嶋さんは松井さんに深い愛情を注ぎ、 松井さんはその愛情に応えた形で、 まさに師弟関係を超えた親子以上の絆といえるだろう。
 筆者は2児の子どもを持つ親だが、 ある意味で親子も師弟関係。 将来、我が子が大人になって親の手を離れ自立した時、 子どもの心にどれだけ親と一緒に過ごした時間が残っているのだろう。 そして、 父親の存在をどう感じるのか。 長嶋さんと松井さんの絆には到底及ばないかも知れないが、 少しでも近づきたいと思う。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る