日高川町首長選立候補予定者に聞く①

5月14日告示、19日投開票の日高川町首長は、告示まで残り10日。現職玉置俊久氏(63)=玄子=と元役場公室長の新人市木久雄氏(61)=下田原=の一騎打ちが確実で、両陣営による激しい前哨戦が繰り広げられているなか、本紙が実施した有権者アンケート「町政に望むこと」でベスト3に選ばれた「若者定住策」「子育て支援・教育」「高齢者福祉」について考えや取り組みを両氏に聞いてみた。第1回は1位の「若者定住策」。
 アンケートは、ランダムに抽出した有権者100人が回答。全11項目から3項目を選んでもらったところ、若者定住策を選んだのは63人。人口減少、高い高齢化率、若者流出の現状から、有権者が町の将来に不安を抱いていることが顕著に表れている。
 若者定住策で玉置氏が掲げているのは、 町の将来を語り合える交流の場や婚活パーティーの出会いの場の創出、 企業誘致など。「若い世代が極端に少なくなってきており、若者定住は町にとって大きな課題。昔と比べて出会いの機会が少なくなってきており、以前町で行った婚活パーティーを再度開催したいと思う。募集を全国に広げれば、都会の人も田舎暮らしに興味を持ち、さまざまな面で地域活性化につながる。若者が気軽に集まり、語り合えるようなサロン的な場の提供も考えている」という。
 企業誘致については 「町で力を入れているが、難しい状況。従来型のやり方ではなく、防災センター(高速道路に設置する災害時避難支援基地、通常は産品販売などを行う玉置氏自身の構想)への雇用や自然エネルギー産業の誘致など、今までにない切り口で雇用を創出していきたいと考えている。若者ベンチャー支援も検討したい」と意欲をみせる。
 一方、市木氏は企業誘致、払い下げを前提とした若者専用住宅(間伐材等活用)や単身者用シェアハウスの建設などを挙げる。人口減少に歯止めをかけるため、 「若い人たちに町に住んでもらうには働くところ、住む場所の確保が絶対条件で、両輪で進めていく。 いまはなかなか企業が来てくれない経済情勢だが、役場内に専属部署を設けて積極的に誘致に取り組む。県をはじめ、近隣市町とも連携しながら進めていきたい」という。
 町営若者専用住宅については造りを一戸建てとし、入居5年以上の人に土地と建物を安く払い下げる仕組み(従来の町営住宅は木造築30年以上でないと払い下げできない)を提案。「町に永住していただける取り組みだと考えている。住宅建築によって町内の建設業に携わる人々の就労の場の確保、間伐材を利用することで農林業の振興にもつながる。人口増加のほか、地域活性化にも貢献できる」と訴える。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る