警察犬競技会で大土さん優勝

 県警の嘱託警察犬競技会が去る29日、 和歌山市の県警交通センターで開かれ、 臭気選別の部で日高町高家、 団体職員大土葉月さん (20) とアメリカンボクサーのオーロラ号 (メス、 8歳) が見事優勝を飾った。 大土さんはことし1月に警察犬指導手に合格し、 初めての競技会でいきなりの快挙。 同じ指導手の父博章さん (53) も昨年秋の大会で優勝しており、 「父に追いつけてうれしい」 とうれしさいっぱいに話している。
 競技会には31頭と指導手21人が参加し、 日ごろの訓練の成果を競い合った。
 臭気選別は、 犬に臭いをかがせ、 スタートラインから約10㍍離れた選別台に並べた5つの布から同じ臭いの布を持ってくる競技。 4回行い、 的中率で順位を争った。 今回は初めて父娘で出場。 葉月さんとオーロラ号は2番目に登場し、 参加者や見物人、 報道陣らが見つめる緊張感のなか、 4回すべて的中させるパーフェクトを唯一達成。 同じくオーロラ号と出場し、 3回的中だった父らを抑え優勝旗と賞状を手にした。
 父の姿を見て中学生のころから指導手になりたいとの思いを持っていて、 必要な資格である車の運転免許を取得してから指導手試験に挑戦。 1度目は不合格だったが、 昨年11月、 2度目の挑戦で見事合格。 ことし1月1日付けで晴れて指導手となった。 普段は博章さんが先生で、 休日などを利用して自宅周辺で特訓。 指導手に緊張や動揺があると警察犬にも伝わって本来の力が発揮できないため、 本番では冷静に指示することを心がけた。
 葉月さんは 「リヴ (オーロラ号の愛称) がよく頑張ってくれました。 優勝にはびっくりしましたが、 父に勝ててうれしいです。 これからもリヴと一緒に大会に出て優勝したい」 と張り切っている。 博章さんは 「娘の優勝は、 自分が優勝したときよりうれしいです。 でも負けたくない気持ちもあるので、 次はわたしが優勝したい」 と闘志を燃やしている。

関連記事

フォトニュース

  1. よいしょっと

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る