自然の魅力を見直そう

 田舎で生まれ育つと、海や野山の美しい風景など見慣れていて当たり前に思うが、都会の人から見れば自然そのものが大きな財産であろう。豊かな自然は観光面でも一つの武器であり、ゴールデンウイークまっただ中、白浜や世界遺産の熊野目当てに多くの行楽客が和歌山に訪れている。高速道路が対面通行で時間帯によっては15㌔以上の大渋滞が毎回起こっても、人は癒やしを求めて集まってくる。アクセスも大事だが、そこに目的があれば人は寄ってくるということだ。集客アップのヒントはここにあるように思う。
 富士山のように世界遺産とまではいかないが、全国有数のウミガメの産卵地であるみなべ町の千里ヶ浜を含む紀伊半島南部の県立公園を国立公園に格上げする話が持ち上がっている。環境省の調査では、「世界に誇れる美しい景観」と高い評価を受けた。県も知名度アップとネームバリューによる観光客増に期待を寄せている。実際、全国に30カ所ある国立公園のうち多いところでは年間数千万人以上が訪れている。和歌山と奈良、三重の3県にまたがる吉野熊野国立公園も年間800万人前後の集客力があり、和歌山の観光を支えている。
 熊野参詣道の世界遺産登録も手伝って、日高地方にも古道ウオーキングを中心に観光客は根強く、国立公園とコラボした集客アップへの仕掛けは十分できそうだ。例えば国立公園でウミガメの産卵を間近で見るツアー、みなべ町沖でのサンゴ礁ダイビング、熊野古道と梅林ウオーキング。身近な自然を生かしたアイデアはまだたくさんあるだろう。国立公園化によって、見慣れていた自然の魅力を見直すきっかけになればと願っている。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る