日赤和歌山に最新型ダ・ヴィンチ

 和歌山市小松原通の日赤和歌山医療センター (百井亨院長) が最新の手術支援ロボット 「ダ・ヴィンチSi」 を導入し、 近く前立腺がん摘出など泌尿器科分野の手術で運用を開始する。
 ロボット支援手術は、 開腹せずに内視鏡等を体内に挿入して行う腹腔鏡手術が進化した術式。 医師が3次元画像のモニターを見ながら、指先に装着するコントローラーを動かし、患者の体内に挿入する電気メス等の鉗子(かんし)を遠隔操作する。県内では昨年、県立医科大が最も早く、近畿で4番目に導入した。
 今回、日赤が導入したのは医大のダ・ヴィンチがさらに進化した最新型で、術者2人が同時に別々の鉗子を操作できるデュアルコンソールシステムとなったのが最大の特長。モニターの3次元画像がより精細になり、泌尿器科領域に近い婦人科や消化器科領域の腫瘍切除なども同時に行うことが可能になる。
 2日にはマスコミ向けの内覧会が開かれ、第二泌尿器科の金岡俊雄部長(60)らがダ・ヴィンチの特性、国内外の臨床使用の状況、今後の展開などを説明。参加した新聞記者やテレビ局の記者が操作を体験した。
 金岡部長は「当センターは、がん診療連携拠点病院、高度救命救急センター、地域医療支援病院の3つに指定された県内唯一の医療施設で、地域医療の水準向上を目指し、他病院との連携、後進の育成も大きな使命。この操縦席が2つになったダ・ヴィンチは熟練の医師が若い医師を実践指導できるメリットがあり、今後、柔道の嘉納治五郎先生の『精力善用、自他共栄』の言葉のように、ダ・ヴィンチの持つ力をうまく使って広く貢献していきたい」と抱負を述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る