みなべの保健センターにあっちゃん号

 みなべ町の保健師でふれ愛センター長も務めていた故寺本敦子さん(享年55)の家族らは30日、同センターに福祉用車両と車椅子を寄贈した。それぞれ「あっちゃん号」と名付けられ、車輌には寺本さんを描いたイラストもデザイン。寺本さんが亡くなる前に「ふれ愛センターに車を贈りたい」と話していたことを実現した。妹の得津雅代さん(52)は「姉の言葉を形にすることができた。お世話になった人たちに恩返しをしたかったのでしょう」と寺本さんを偲んでいた。
 寺本さんは昭和58年に旧南部川村の保健師として採用され、 平成14年からはふれ愛センター (保健福祉センター) のセンター長を務め、 福祉の充実に尽力した。
 昨年12月に病気で急逝したが、 10月ごろに 「ふれ愛センターに車を贈りたい」 と家族らに話していたという。 妹の得津さんらは、 その時は 「何を言っているの」 と答えていただけだったが、 亡くなってから寺本さんの思いを実現させたいと、 今回、 福祉車両 (軽自動車) と車椅子各1台を寄贈した。 寺本さんは普段 「あっちゃん」 の愛称で呼ばれており、 同センターの職員らが 「あっちゃん号」 と名付けた。 福祉車両には、 埴田のイラストレーター松下恭子さんが描いた、 ふれ愛センターの利用者に囲まれてほほ笑んでいる寺本さんの姿がデザインされている。
 同センター前で贈呈が行われ、 得津さんは 「似顔絵入りなので、 天国のお姉さんは 『何これ、 やめて』 と照れて怒っているかも。 でも最後には 『まあ、 ええか』 と許してくれると思う」 と、 寺本さんを振り返った。 町社会福祉協議会の西川弘海会長 (78) は 「あっちゃんは、 以前から 『センターに車が少ない』 ということを言っていた。 これで車が1台増え、 福祉の機動力が向上する。 とてもありがたい」、 職員らも 「あっちゃん号はいつまでもふれ愛センターで活躍してくれる」 と話し、 感謝していた。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る