鳥インフルにもご用心

 情けない話でことし1月のインフルエンザ (A型) に続き、 また風邪にかかってしまった。 40度超えの高熱が出て異常なだるさや関節、 骨がきしむような痛みが続く症状は、 まさに1月に経験したインフルエンザと同じで、 「今度はB型か、 ことしは大当たり…」 と思っていた。
 ご存知だと思うが、 一度インフルエンザにかかると免疫ができるため、 しばらくかかることはない。 ところが、 インフルエンザでもA型とB型は別物で、 片方がかかったからと言って、 もう片方の免疫がつくわけではない。 筆者が診てもらった医者も 「運が悪いとワンシーズンに両方やってしまいます」 と言っていた。
 ただ今回の場合、 検査したところインフルエンザの反応はなし。何かウイルス性の病気らしい。いまインフルエンザならリレンザやタミフルなどの特効薬があるためいいが、今回は抗生物質を飲んでじわりと治療する感じで、体の負担から言うとインフルエンザよりたちが悪かったかもしれない。 ようやく体調は回復したが、 それにしても今回は一体どこで菌をもらったのか。 前々からこの小欄でも書いているが、 筆者は手やノドの消毒はもちろん、 保菌者に近付かないなど徹底した自分の体への水際作戦を展開しているのだが…。
 そんな中、 今後心配されるのは中国の鳥インフルエンザ。 このゴールデンウイーク期間中には国内外の観光客がたくさん行き来する。 日本でも発生するのはまず間違いないだろうと指摘されている。 もうかかるのはご免こうむりたいところ。 筆者が言うとあまり説得力はないが、 やはり手洗い、 うがいの励行を心掛けよう。       (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る