御坊市教委が豊竹君太夫の石碑修繕へ

 御坊生まれの浄瑠璃の名手、紀國太夫こと豊竹君太夫(本名・小竹利兵衛)の遺業をたたえようと、市内中町の下川沿いに建立されていた石碑は、老朽化が著しいため下川河川改修を機に撤去され、現在市内の石材店でお蔵入り。しかし、文化財関係者から「御坊に浄瑠璃文化があったことを伝える歴史的価値の高い石碑」として存続を求める声が上がっており、市教育委員会は修繕して、歴史民俗資料館での展示を考えている。
 豊竹君太夫は浄瑠璃の芸名で、紀國太夫は藩侯からたまわった名前。享和3年(1803年)に日高別院裏門前の造り酒屋で生まれ、のちに旅館業に転じた。当時、君太夫の浄瑠璃は旅館の旦那芸の域を超え、上方大阪の文楽座の太夫を務めるほどの技量で、「君太夫の浄瑠璃を聞くと、ほかの人の浄瑠璃は聞けぬ」とまで絶賛された。明治6年(1873年)に71歳で亡くなったあと、明治12年に追慕する門人が豊竹君太夫の名を刻んだ石碑(縦1㍍35㌢、横45㌢、奥行き30㌢)を下川沿いの茶免地蔵の横に建立した。
 しかし、平成24年度からスタートした下川河川改修工事に伴い撤去。茶免地蔵は同志会集会所の敷地内に移転したが、石碑は砂岩を使用しているため老朽化が著しく、修繕のコスト面から地元区では新調することにし、現在は茶免地蔵の横に新しい石碑を建立している。一方、古い方の石碑は工事の関係で現在市内の石材店で仮置き。その後、地元区から管理を委ねられることになった市教委が、今後の扱いを検討。文化財関係者からの強い要望を受けて、修繕する予定だ。修繕には特殊な技術が必要なため、愛知県名古屋の専門業者に依頼する必要があり、 費用は約60万円。担当課では「いつまでも石材店に置いておくわけにはいかないので、本年度中には歴史民俗資料館に運びたい。修繕は来年度以降になると思う」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る