印南の川で魚大量死

 7月上旬の暑さとなった23日午後、 印南町と広川町の川で小魚が大量に死んでいるのが見つかった。 いずれも川の水に濁りや異常なにおいもなかったことから、 県は気温の急激な上昇による酸素欠乏の可能性もあるとみて、 詳しく原因等を調べている。
 印南町で魚が死んでいたのは、 光川地内を流れる富の川。 午後2時ごろ、 近所の人が大量に魚が死んでいるのに気づき、 役場へ連絡した。 連絡を受けた御坊保健所、 日高振興局建設部の職員らが調べたところ、 高速道路の下から国道42号下の河口まで約1・5㌔の間でオイカワ、 ハイなど10㌢未満の小魚が死んでおり、 ウナギも含めて約150匹の死骸を回収した。
 日高広域消防によると、 23日の印南町は午後3時に最高気温27度を記録する夏日となり、 生きている魚も確認できたことから、 県環境管理課は毒物など有害物質混入ではなく、 気温上昇による酸素欠乏が原因とみて調べている。
 魚の大量死は毎年、 夏場に県内各地で発生。 この日は広川町の広川の支流でもアユやウナギ数百匹が死んでいるのが見つかった。

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る