津波てんでんこの教え

 東日本大震災以降、「津波てんでんこ」という言葉をよく耳にする。三陸地方に伝わる津波避難の教え。例えば家族が別々の場所にいるときに地震が発生したとしても、互いに安否を気遣って捜しあうようなことはせず、まずそれぞれがてんでばらばらに高台へ避難せよということ。もし捜しにいけば、その間に津波が襲来し、本来助かる命も助からないというわけだ。
 そんなことを今月9日、4市町津波防災研究会の講演会で和高専の小池信昭准教授が、岩手県の「釜石の奇跡」の立役者である群馬大学の片田敏孝教授の言葉として紹介していた。釜石の奇跡では小中学生のほとんどが津波てんでんこの教えを守り、命が助かった。では津波てんでんこを実現するためにはどうすればいいのか。まず、家族や地域間であらかじめ地震が発生したらどこの高台に逃げるのかを話し合っておくこと。合流、安否確認はその高台で顔を合わせたとき。小さい子を持つ親ならかなり心配になるかもしれないが、そこは自分の子を、その地域の人々の助けを『信頼』するということ。繰り返しになるが、その信頼を持つためには、やはりあらかじめ事前の話し合いや家庭、学校、職場などいろいろな場面で防災訓練を積み重ねておくことが必要だろう。
 また、それらを補うのが行政の役割。防災訓練の推進、防災意識の向上は当然だが、地域住民とともに避難ルートを検証して、どうしても時間内に避難できない地域や、避難が難しい人がいるところには津波タワーを整備したり、住居の高台移転を支援したり。津波避難はてんでんこだが、地域住民や行政の事前防災の対策が総合的につながってこそ、被害を最小限に食い止められるのだと、あらためて感じた。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る