今夏のネット選挙に注目

 公職選挙法の改正で、インターネットを利用した選挙運動が夏の参院選から解禁される。フェイスブックやツイッターなどを使った選挙運動が予想される。これまではホームページなどを通じたネット利用を、「違法な文書図画の配布」にあたるとして、選挙期間中は更新などを禁止されていた。いまの時代、政治家にとってはフェイスブックやブログなどは情報を発信するのに必須で、有権者にとってもインターネットは最大の情報収集ツールの一つとなっているなか、選挙期間中だけ更新をやめなければならないというこれまでのルールがおかしかったくらいだろう。
 もちろん問題点もある。最も心配されているのが「なりすまし」。候補者を装ってその候補者に不利な発信を行うなど。また昨年からネット選挙を解禁した韓国では、候補者への個人攻撃が問題となった。不当におとしめる書き込みや金銭疑惑などで、有権者の判断を惑わせ、支持動向にも影響を与えたという。また解禁といっても何から何まで解禁されたわけではないので、有権者が候補者を応援しようとした行為が違反となり、罰則を受ける可能性もある。
 さまざまな問題はあるが、メリットも多い。ネットは双方向性があり、これまでのように一方的な発信だけなく有権者との対話が可能で、候補者はより思いを正確に伝え、有権者も納得した上で投票できる。さらにもっとも注目されるのは若者の選挙への参加。インターネットの登場により掲示板などを通じて、若年層が政治の話題に触れる機会が多くなっただろう。今回の解禁で、より政治への関心を高め、投票率が上がることに期待したい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも人権意識をもって成長を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る