ツマノミクスに期待

 最近、よく聞く「アベノミクス」。財政出動、金融緩和、成長戦略の3本の矢で景気をよくするというのが、その政策だ。だが、テレビでもいわれていたが、「風が吹けば桶屋が儲かる」程度の話であまりピンとこない。小泉首相時代の好景気だって懐に還元されたような記憶はなく、今回もただ物価が上がって「はい、オシマイ」にならないか心配だ。
 「風が吹けば桶屋が儲かる」は、一見、まったく関係がないと思われるところに影響が及ぶことをたとえたことわざ。ネットで調べると、①大風で土ぼこりが立つ②土ぼこりが目に入って、目を患う人が増える③目を患った人は三味線を買う(当時の人が就ける職に由来)④三味線に使うネコの皮が必要になりネコが殺される⑤ネコが減ればネズミが増える⑥ネズミは桶をかじる⑦桶の需要が増え、桶屋が儲かるという一連の流れが由来とされる。いまなら舗装で土ぼこりは立たず、ネズミも少ないから桶屋は儲からない。時代が変化するとどこかでまったく関係のない事柄同士をつなげる流れも断ち切られ、そううまくは運ばない。アベノミクスでも、内部留保を拡大させる会社や貯蓄を増やし続ける家計など、これまでのように途中で金の流れを止めてしまうようだと景気は上向かない。首相には会社、家庭の財布の紐が緩むような、時代の変化に対応した具体的な施策もお願いしたいものだ。
 筆者のようなサラリーマンの場合。景気回復が鮮明になったら「シャチョウ(社長)ノミクス」「ツマ(妻)ノミクス」まであるのか、注目はその1点だ。「風が吹いても桶屋は儲からない」なんてことはアベノミクスの追加施策で回避してもらい、家計の財政出動、金融緩和に期待を寄せておきたい。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る