印南SAのフル活用を

 高速道路印南サービスエリア(SA)を運営する日高観光物産センター㈱は、平成24年度の売り上げをまとめた。上り(大阪方面)施設は1億8459万1903円で、前年度を5・54%上回るとともに過去最高の売り上げを記録、目標額も5年連続達成。22年4月にオープンした下り(白浜方面)も1億460万6945円で前年度を4・25%上回り、順調に推移している。
 上り線はオープンした18年度からほぼ右肩上がりに推移。目標の1億5000万円も20年度から毎年達成している。22年4月にオープンした下り線も毎年売り上げを伸ばしている。不景気といわれる中でも印南SAは順調で、入場者数も年々増加。白浜や南部梅林など紀南の観光地の人気にあやかっている部分もあるだろうが、地元産品を使った商品や食事を提供していることも売り上げ増の要因になっているのだろう。
 高速道路については最近になって国が有田―御坊間の4車線化に許可を出す見通しとなったほか、将来的には紀伊半島一周への取り組みも進められている。またまだ実感はできないが今後景気が回復してくることも考えられ、あらゆる面で利用者の増加が予想される。
 印南SAの利用者は日高地方外、県外の人が多く、外部の人に日高の魅力をPRするには絶好の場所となるだろう。これまでもPR活動は行われているが、今後もさらに加速させていくことが大事だ。またSAと言えばご当地グルメ。各自治体や団体でさまざまなグルメなどを考案して、PRするのも面白い。いずれにしても利用者が増え続けている印南SAをフル活用することで、地域活性化の突破口になることは間違いないだろう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る