ITで人脈フル活用

 IT化のおかげで、いろんな商売が生まれている。最近は名刺管理サービスというものもあって、ちょっと便利で役に立ちそうだと感じた。
 文字通り名刺の管理を代行してくれる会社。自分の会社の役員、上司、営業、販売担当者が毎日もらってくる名刺をスキャナーを通してデータ化、送信し、一括管理してもらえる。誰がどんな人脈を持っているか、きょう一日どんな人と会ってきたのかの情報が社内で共有でき、相手とのコミュニケーションを図りやすくするというのが最大のメリットだ。データはスマホを使えば出先からでも閲覧が可能。名刺に記載されていることに、先に会った人が趣味やNGワードなどの情報を加えておけばスムーズな取引に役立てられる。
 実際に「あの人に取材を頼みたい」と思った時、面識のない自分がいきなりアポを取るといろいろな行き違いがあったりもするが、その人と知り合いの営業担当者に頼んだら、すんなりOKをもらえたという体験もある。地方の新聞社、特に人脈は取材にも営業にも大変重要。全社員の人脈をフル活用できれば業務の効率化、成績アップにつながる可能性が高いだろう。
 どこの会社でも上司とお酒を飲みに行ったり、同僚同士プライベートで交流したりする機会が減っていると思う。それは社内の情報共有力低下にもつながっている。その代わり、ほとんどの人がパソコンやスマホを使えるようになり、いつでも、どこでもコミュニケーションは取れるようになった。時間が進み、技術も日進月歩。自分たちが便利になったものを生かせずに立ち止まっていると、時計の針が逆回りしているのも同じこと。次々生まれるアイデア商売にも常に気を配っていきたいものだ。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る